FC2ブログ
子宮外妊娠や不妊治療を乗り越えて、現在、3歳男児(早産児33w0d)、0歳女児、子育て中、はなのゆる〜い日記です。
プロフィール

はな

Author:はな
子宮外妊娠とPCOS、不妊治療(顕微受精)を乗り越え、妊娠・出産できました。毎日を大切にするために、新しい命を大切にするために、妊娠生活・育児生活を綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の記事「妊活21周期目 こんな私でも注射はできるのか?(1)」

の続きです。

注射を打つ前の細々とした準備の説明を終え、看護師さんから、
「では、お好きなタイミングでゆっくりお腹に針を刺してください」

と言われたところで、「むーりーーーー!」と心の中で叫んでいたものの、何とか、お腹に針を刺すことができました。

それから、液体を入れていくときもいつも看護師さんに注射してもらうときのような痛みがありました。

ただ、今回は自分で注入しており「これで大丈夫なのか?!」という不安感があり、このあたりから変な汗をかきだしました
(;´ `)

何とか最後まで液体を入れて、もう抜けるぞ!と思ったとき、看護師さんから、

「液体を全部入れ終わったことを確認してから、5秒数えてから抜いてください」と言われました。

この5秒間も長かったです。

そして、針を抜きました。
「これくらいだったら止血ばんで大丈夫です」と言われるくらいの血が、刺したところから出てきました。

これを見るのが一番辛かったです。(怪我したり、生理で血が出るのとは違う恐怖がある)

なんといっても、私は(前回の記事にも書きましたが)、「針、血」の組み合わせが苦手なのです。

このあと、気分が悪くなり、血の気が引いて、看護師さんの残りの説明を朦朧とした状態で聞いていました。

(卵管造影検査の後も同じく説明中に気分が悪くなりベッドで休養させてもらいましたが、

今回は「これでベッドで休むことになったら、自分で注射するのに対して問題あり!と判断されて、余分に通院しなければならなくなるかも´д` ;」という不安から、気合いでその場をしのぎました。)

自己注射の説明を終え、会計を待っているときも気分がすぐれず、これから毎日続くのか…と落ち込んでいると、仕事終わりの主人がクリニックの窓口に内緒で現れて、ちょっぴり気分がそれました。嬉しかったです。

何とか初注射を終え、体外受精に向けて、一歩前進できました。

会計 約36,000円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

好んで注射を見たい人はいないと思いますが、

自分の記録のためや、

これから体外受精のため自己注射をする方の参考になれば、

と考え、

私のクリニックで使用している注射の写真をはります。


今年の大雪のときに作った雪だるまたちの写真の後、はります。苦手な方はここでお戻りください。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 完全母乳育児へ
にほんブログ村



いつもありがとうございます
(*´・ω・) o(´・ω・`)o (・ω・`*)‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

<< 憂鬱な自己注射 と 高度不妊治療費 // ホーム // 妊活21周期目 こんな私でも注射はできるのか?(1) >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://babytoishoo.blog.fc2.com/tb.php/368-753fb14c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。